MENU
雑談

5年分の未読フィードを消化しながら人生の断片に触れた夜

スペースキャット

現在20時30分過ぎ。寶焼酎プレミアム25度を飲みながら書いてる。1:1の烏龍茶割り。

甲類焼酎の4リットルボトルに手を出すと酒クズ感の高まりを自覚するね。

さっきまでinoreaderを開いてました。WEB上で動作するRSSリーダーとしては有名ですね。最近じゃRSSの存在自体がマイナーになってる気がするし、Googleリーダーの終了とともにフィードで更新情報を管理する習慣がなくなった人も多いのかな?

自分もGoogleリーダー終了後にFeedlyやinoreaderを使ってみたけど、しっくりくるものがなく、また当時はTwitterが賑わっていた時期でもあり、サイトの更新情報をSNSに流すところが増えたので気づけばフィード購読はしなくなってました。

今回inoreaderを開いたのも、ちょっと前に『FirefoxがRSS/Atomフィードリーダーの提供を打ち切りへ』というニュースを読んだからで、それがなかったらたぶん久しぶりに見てみようとは思わなかったでしょう。

最後にログインしたのはいつだったか。思い出せないくらい久しぶりにinoreaderを開きました。

当然そこにあるのは「あのころどハマりしてたサイトたち」なわけですが、多くはフィード購読をやめると同時にサイト自体も見なくなっていたことに気がつきます。

Googleリーダーのサービス終了が2013年7月なので、おそらく5年分の未読フィードが溜まっていました。

5年分の人生に触れた再訪

WEBメディア系は活動休止や方針転換したものもありましたが、そこそこ生き残っていました。このあたりは現在でもTwitterで更新情報を拾っているため、あまり懐かしさはないかな。

個人ブログ系は半数以上がサイトごと消滅していたり、サイトは残っているけど何年も更新されていなかったり。

懐かしさを覚えながら停止前までに溜まっていた数年分の記事を読んでいくと、最後の更新が離婚とブログの更新終了をお知らせするエントリーで、そこから時間を遡るようにして子育てが大変、子供が生まれた、結婚した、恋人ができたという人生のイベントが続きます。

遠い世界の出来事を逆転銀河から眺めているような感覚です。

f:id:kujiradou:20181022215111j:plain

仕事なくてアパート追い出されるかも知れないから、そうなったら荷物だけでも引き取って一時保管しておいてくれと頼み込んできたあいつが、一時とはいえ家庭を持ってパパさんしてたなんてビックリだ。

5年って歳月は長いですね。

ちょっと休むはロング・グッドバイ

ある日パッタリ更新が途絶えるブログも多いですが、それと同じくらい「リアルの生活が忙しいので少し休みます。必ず戻ってきます」と言い残したまま、何年も更新されず放棄されるパターンが多いです。

「少し休んだら戻ってきます」は危ういんですよね。

子供のころの習い事とかを思い出してみて下さい。今日は面倒だな、1回くらい休んでもいいかなと思ってサボると、次ぎに行くのが前よりも億劫になりませんでしたか?

「まだいいか。今回も休もう」が1回、2回と続くうちに面倒臭さがつのり、3回連続となれば復帰することは困難。

少し休もうが長いお別れになってしまいます。

生活の変化により、インターネットやブログにかまけてられてる時間が減るのは仕方ないことで、当然のように起こることです。

むしろ5年前と比べて大差ない自分を見つめ直すべきなんだよな。



もう少しここにいるよ

プロ野球界では今年、松坂大輔と同世代の有名選手が多く引退しました。松坂世代の終焉と一時代の終わりを感じさせる年でしたが、その一方で松坂自身は数年ぶりに勝ち星を挙げる復活ぶり。

その松坂は引退する杉内俊哉に「僕はもう少し頑張るよ」と声をかけ、「あと5年はやってくれ」と返されたそうです。

5年か。長いよな5年って。

このエントリーが最初の投稿であることからも分かるとおり、自分も5年の間にブログはやめたり再開したり、やっぱやめたりしてました。

Twitterのほうは休止期間ありながら9年やり続けてるんですが、ブログは更新しなくなると本当に億劫でね。

無料ブログでは長く更新しないと勝手に広告載せられてダサいし。

かつて交流があったブログを巡回しながら、5年前の自分がコメント欄で生きてるのを見つけ気恥ずかしくも懐かしくもあり。

5年前は年365日中350日は酒を飲んでるような人間じゃなかったのに、いったいどこでこんな人生になったんだと我が道を振り返りました。

懐かしくなったついでに5年ぶりのコメントでも残そうかな。返信がくるとは思わないし、向こうからしたら存在を忘れ果ててたブログに、いまさらコメントきてもリアクションに困るかもしれないけど。

なんにしろ。もう少し自分はここにいるし、インターネットでウダウダやり続けるだろうから、あいつ生きてたのかよ悪い意味でまったく変わってないなと思う人は会いにきて下さい。

《関連記事》

この5年間で私の身に起こった出来事です

ライター小休止
地方在住パニック障害持ちが未経験からWebライターで人生再建した話最近はライターになりたい人が増えているようです。だけどライターって得体の知れない職業だし、どうやったらなれるのと不思議に思い、取っ掛かり...

コメントを残す