スポーツ

井上尚弥「ドネアは憧れていた選手」ドネア「我々が戦うのは運命」

ボクシング_イメージ

バンタム級のワールドボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)準決勝が現地5月18日(日本時間19日早朝)に行われ、WBA世界王者の井上尚弥がIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲスに2ラウンド1分19秒でTKO勝ちした

第1ラウンドは肩に力が入っていたと振り返る井上。だがロドリゲスの動きを見切った第2ラウンドで一気にエンジンが掛かり、左フックで1度目のダウンを奪うとすぐに左右のボディで2度目のダウンも奪う。

Embed from Getty Images

ボディで倒れたロドリゲスは自身のセコンドに目をやり、弱々しく首を振るが何とか立ち上がる。しかし、立ち上がったロドリゲスに井上が襲いかかり、ロープに詰めて再びボディを叩くとIBF王者の足から力が抜けた。

井上はWBAとIBFの2冠王者となり、決勝では“フィリピンの閃光”ノニト・ドネアと対戦する。

井上尚弥「ドネアは尊敬するボクサーなので戦えて嬉しい」

Embed from Getty Images

試合後のリング上で勝利者インタビューを受けた井上は、「常に平常心で戦おうという気持ちを持ってイギリスに来たので、今夜そのとおり良いパフォーマンスが出せてホッとしています」と安堵の表情を浮かべた。

「ロドリゲスも初回、プレッシャーをかけてきて1ラウンド終わった段階では、どうなることか自分でも予測できない状況でした」

ドネア戦のファイティングプランを聞かれた井上は「憧れの選手なので戦えることは光栄」と決勝を心待ちにする。

「ノニトはキャリアもあってすごく強い選手なので、これからどう戦うかは練っていきたいですけど、僕の憧れていた選手でもあるのでファイナルで戦えることを光栄に思います」

アナウンサーはインタビューの相手をドネアに変える。今夜の井上のパフォーマンスはどうでしたかと聞かれ、ドネアは「信じられないですね。彼は今夜ここに来てやるべきことをやりました」と無敗対決を2ラウンドTKOで制した井上を称えた。

「これ(井上との対戦)は私たちがずっと待ち続けていたものです。私たちは顔を合わせるとお互いに思っていました。これは運命なんです。これこそボクシングの本質です。彼はモンスターだ。そして、私はモンスターを飼い慣らす方法を考えないといけない。まるで21歳のときに戻ったような気分ですよ」

井上尚弥が対戦するノニト・ドネアとは?

Embed from Getty Images

マニー・パッキャオがフィリピン人ボクサーとしてアメリカで大成功したあと、パッキャオが開拓した道を通って再びアメリカを熱狂させたフィリピンからの刺客がドネアだった。

2007年7月のIBF世界フライ級タイトル獲得を皮切りに、ドネアは階級を上げながら最終的に世界5階級制覇王者となった。アジア人では初めて主要4団体(WBA・WBC・IBF・WBO)の世界ベルトを腰に巻いた選手だ。

日本人ボクサーとは2012年10月に西岡利晃との対戦がある。当時の西岡はWBC世界スーパーバンタム級王者を7度防衛し、日本人初の名誉王者(ダイヤモンド王座)に認定されていた。

カリフォルニア州のホーム・デポ・センター・テニスコートで行われた試合には、日本から大きな期待がかかっていた。過去のデータを見ると日本人王者の海外での戦績は芳しくなく、注目されたビッグマッチでは勝率が低かった。それでも西岡ならやってくれるんじゃないか、この階級で最強と目されるドネア相手でもワンチャンスあるんじゃないかと日本のファンは固唾を呑んで見守った。

だが、実際の試合が始まると序盤からドネアのペースで進み、ほぼ西岡に何もさせず完封してしまう。9ラウンド1分54秒でドネアがTKO勝利を収め、この試合を最後に西岡はリングを降りた

Embed from Getty Images

WBSS優勝を目指す井上の前に立ちはだかるドネア。7年ぶりの対戦で今度こそ日本人王者はドネアの高い壁を越えていけるか。

ボクシング_イメージ
海外メディアも絶賛!「井上尚弥は最高のパウンド・フォー・パウンドになれる」井上尚弥は現地5月18日(日本時間19日早朝)に、英国グラスゴーでワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)準決勝を戦う。15日...

コメントを残す