オタク暮らし

これからの作家は信者を持て!カクヨムの作者収益化は時代の必然

カクヨム収益化プログラム

小説投稿サイト「カクヨム」が3周年を迎えました。KADOKAWA×はてなのタッグで2016年2月29日に始まったカクヨムですが、当初は書き手に比して読者が集まらず、ネット小説時代の「書きたい人はたくさんいるが、読みたい人はそれほどいない」を体現するようなサイトでした。

それでも徐々に読者を増やし、カクヨムによれば特に最近1年ほどで読者数が大幅に伸びているとのこと。素晴らしいですね。

さらにカクヨムでは4年目に向けた取り組みとして、作者に広告収益の分配や読者からの投げ銭が行える収益化プログラムを発表しました。

小説家になろうの混乱とカクヨムのユーザー数増加

カクヨムの読者数が増えた背景には、業界最大手の小説家になろうが作者間の互助会的なポイントのやり取りや、複数アカウントを使った工作によるポイント水増しでランキングが健全に機能しておらず、もはや一般読者が面白い作品を探す場としては難しくなっていること、一部の不届き者に対応するため疑わしきは罰するの厳格な態度で接したところ、身に覚えのない理由でアカウント停止され説明もなく作品ごと放り出された作者がカクヨムに新天地を求めたことなどが考えられます。

私も小説家になろうを中心としたWEB小説界隈の話題を拾うためのTwitterアカウント運用しておりますが、ここ最近は急にアカウント消された、運営に説明を求めても返事が返ってこないといった話題を目にすることが増えました。

小説家になろうから書籍化された作者でも容赦なくペナルティを受けています。運営の厳格な態度を見るに、彼らも現在のランキングは一部ユーザーの操作が激しく、まともに機能してないと危惧しているようです。

その話を追求していくと自分たちで作品を発掘・企画する能力が足りず、ランキング上位作品から順に声をかけて商品化することしかできない出版社の怠慢や人材不足、それでも出版点数だけは揃え続けないといけない出版業界の構造的な問題などトピックが多岐にわたり今回の主題とはズレるため割愛しますが、事は小説家になろうだけの問題ではありません。

小説家になろうは業界最大手なので良くも悪くも目立ちます。

小説投稿サイトの主役は、あくまで投稿作品であり、それを書いている作者です。人気作や人気作家がアカウント停止により他サイトに活動場所を移せば、それに応じて読者も移動することになります。完全に小説家になろうから離れるわけではないにしろ、なろうしか読んでなかった読者を一部なりともカクヨムへ誘導する導線にはなったでしょう。



カクヨムが新たに「作者収益化プログラム」を開始

WEB小説界隈の勢力図も動き出したなか、さらなる読者の勧誘と囲い込みを加速するが如き新サービスの発表がカクヨムからあり、ネット小説界隈では概ね好意的な声が出ています。それは「作者収益化プログラム」とでも呼ぶべきもので、平たく言えば「カクヨムに投稿してくれればお金になる(かもね)」な内容です。

小説を書き続けるということは、とても大変なことです。多くの方は創作活動とは別のお仕事や学業などの本業をお持ちで、少ない時間を工面して創作活動を続けています。そんな方々を応援し、創作活動をずっと続けられる環境を作る。がんばって書いた小説が少しでも報われるような、そんな環境を作っていきます。

これまで小説の執筆によって収益を得るには書籍を出版してその印税を受取るという方法が一般的で、書籍を出版できるかどうか、1か0かの世界だったと思います。今回の取り組みはこれまでの書籍化を否定するものではなく、1と0の間に新しい段階を設け、創作活動の間口を広げることで書籍についてもこれまで以上に拡大させ、創作活動全体を盛り上げていければと思っています。
カクヨムの新たな取り組みについて - カクヨムからのお知らせ

小説を書くのは孤独な作業です。書いてる間中ずっと作者は「これ面白いのかな」「ひょっとして自分は誰も読まない、面白いと思わないものを書いてるんじゃないか」「バカバカしい無駄な時間を過ごしてるんじゃないか」と自問し、そのたびに折れそうな筆をセロファンテープで繋ぎ止め再び机に向かいます。

これまで作者の心を奮い立たせ、モチベーションに繋がるものは主に作品のPV(閲覧数)や読者からのコメントでした。読まれている実感があるから続けられる。わざわざ大手投稿サイトに作品をアップするのは、そちらのほうがより多くの人の目に触れる機会があるからです。

それに加えて今回、カクヨムでは作者の献身に対価を払うことで報いることにしたのです。

カクヨム収益化プログラムカクヨムからのお知らせより

作品に広告を掲載して、その売り上げを作者に渡すのは「マンガ図書館Z」方式ですね。読者から作者への直接投げ銭できるのは、有料note販売やFANBOXを見慣れてると自然に受け入れられそうです。

作者に金銭を支払う投稿サイトはカクヨムが初めてじゃない

ネット小説界隈で大きな話題となったカクヨムの作者収益化プログラム発表ですが、実は作者へ対価を支払うWEB小説投稿サイトはカクヨムが初めてではなく、すでに始めているサイトが存在します。

私が知っているなかでは「アルファポリス」と「ノベルバ」が、作者へ作品投稿のインセンティブを支払っています

アルファポリスの作者インセンティブ

『レイン 雨の日に生まれた戦士』や『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』のアルファポリスでは、投稿された作品の人気度を月単位でスコア化し、それに応じたポイントを作者に付与します。

このポイントを作者は各種金券やギフト券、現金に交換することで作品の収益化が図れるのです。

アルファポリスの投稿インセンティブに欠点あるとしら、スコアを算出する独自の計算方式が公開されておらず不明瞭で、自分のポイント数がどうやって決められたか作者には分からないことです。

アルファポリスはHotランキングの集計方法も「分かりにくい」と言われておりますが、インセンティブ機能は金銭に関わってくる部分なので明朗会計が望ましく思います。

ノベルバ報酬プログラムはPV数×0.1円

小説投稿サイト「ノベルバ」も報酬プログラムをスタートしました。こちらはアルファポリスと違って分かりやすく、報酬プログラムに参加した作品のPV数×0.1円の報酬が発生します。作者はマイページからPV数と報酬金額を確認可能。

尚、収益を得ているからと言って著作権が作者様から離れることはありません。そのまま書籍化などご自由に活動していただけます。
ノベルバ報酬プログラムのご紹介 | 小説投稿サイトのノベルバ

報酬の引き出しは3000円以上から申請ができ、申請した月の翌月末に登録口座へ振り込まれます。

一部ではカクヨムの収益化プログラム発表が「ノベルバ殺し」になるのではとも言われてますが、そこはうまいこと住み分けて欲しいものです。

薄く広くではなく、狭く深く熱狂的な支持で生きていく時代に

Free-PhotosによるPixabayからの画像

アルファポリス、ノベルバに続いてカクヨムも投稿小説へのインセンティブ支払いを始めるとのことですが、これらはアマチュア作家のモチベーションアップのみならず、当落線上のプロ作家をも助けるかもしれません。

最近ではプロの作家が小説家になろうやカクヨム、アルファポリスといった投稿サイトに作品を載せ、書籍化の打診を待つといった新たな営業形態があります。時代の流れを感じる一コマですが、そこから書籍化にこぎ着けても終わりではなく、プロは「出版した作品で食べて」いかないといけません。仕事ですからね。

でも現実は厳しく、少なくない作品が販売不振のため1巻や2巻で打ち切りになり、ほとんどお金にならないのが実情です。

何ヶ月もかけて書いた作品が50万円にもならないのじゃ作家は食えない

これは私の言葉ではなく、『ウルフガイ』シリーズや『幻魔大戦』シリーズで知られる作家・平井和正さんが、2004年に出版された『ライトノベル完全読本』のインタビューで語っていたことです。

この本が出版されたのは、ライトノベルという言葉が広まり始めたころで、従来のジュブナイルノベルと何が違うのか、ライトノベル時代に出版を取り巻く環境はどうなってるのかといった内容が主です。

平井さんは「ライトノベル」なる新語が生まれる前から、10代の読者向けの小説を書いてきた大家としてインタビューを受けましたが、そのなかで「近年は出版不況により新人の作品は初版1万部も出ない。文庫で1万部出ないんじゃ作者の取り分は50万円以下になってしまう。何ヶ月もかけてその稼ぎじゃ新人は食ってけないよ」といったことが語られています。

これ15年前の話ですからね。そこから出版社や出版業界を取り巻く環境が良化したとは言えず、平井さんは印税率を10%で計算していますが、いまの時代だと初版は10%を割ってるところが多いんじゃないでしょうか。ベテラン作家や確実に売上が見込める有力な作家なら契約しだいだと思いますが。

作家が専業で食べていくのが厳しい環境は昨日今日始まったわけではなく、ここ20年くらいかけて真綿で首を絞めるように進行してきて、いよいよ絞まる隙間もなくなってきました。

作家はマスに売るビジネスからの切り替えが必要

作家が専業でも本の売上で生きていけた時代は、長い人類の歴史から見たら一瞬だけ咲いた徒花のようなもので、再び時代は芸術家がパトロンの支援を受けて活動していた時期に戻るのではないでしょうか。

ただ、そこで作家を支援するのは一部の貴族や豪商ではなく、彼らの作品をいいな、これからも読みたいなと思った一般の読者である点が決定的に違います。

従来は「作家を支援」といえば、彼らの作品を買い支えるしかありませんでした。しかし、最近はFANBOXやFantiaなど、作者の存在そのものにお金を支払える仕組みができてきました。金額も100円や500円から始められます。

コンビニでコーヒー1杯買う金額から好きな作家のパトロンになれる!

平井さんは「初版1万部以下じゃ作家は食えない」と言いましたが、試しに何人が月500円支援してくれたら50万円になるか計算してみましょう。

カクヨムが手数料を20%抜くと仮定した場合、1250人が月500円ずつ支援してくれれば作家の取り分は50万円になります。

書籍なら1万人相手に売らないと越えられないハードルが、直接支援なら1250人のファンをガッチリ掴んでればOKです。これからの作家は存在が見えない1万人より、自分を愛してくれる1250人のために活動するほうが幸せになれます。

それは話を単純化しすぎじゃない?
「ファンをガッチリ掴む」みんなそこで悩んでるんしょ。

言いたいことは分かります。そんなことお前に言われずとも、最近の有料note販売ブームとか見てれば分かるわってツッコミが聞こえてきますし、大事なのは「どうやったら熱狂的なファンを獲得できるか」の手法だろって言いたいんですよね。

そこをズバッと解説できれば格好いいし、それこそ有料noteが売れてお金にもなるんでしょうけど、残念ながらこれだって正解は見いだせないですね。そこを格好良く解説しながら「まだ印税商売で消耗してるの?」と言って教祖誕生したかったけど私には無理そうです。

言えることは人に好かれる人間であれってことですね。よく「作品と作者は別物。切り離して考えろ」と言われますが、そうは言ったって嫌いなやつ、イヤなやつの作品を買い支えたり、ましてや活動を支援したりしたいとは思わないですよね。人間だもの。

他人から「この人を助けたい」「この人には頑張ってもらいたい」「この人の作品を読み続けたい」と思ってもらえる人間になる。少なくとも表舞台ではそう見えるように振る舞う。これしかないですね。もちろん作品が面白いことは大前提です。

ただでさえ、ライトノベルは作家買いが少ないジャンルと言われ、アニメ化も果たした大ヒット作の作者の次作が打ち切られ、短命に終わることもある業界です。

読者の大多数は「面白い作品」を読みたいのであり、誰も「それを誰が書いたか」には興味ない、くらいの気持ちでいましょう。

だから記事タイトルでは「信者」と強い言葉を使いましたが、結論は人に応援してもらえる人間になるです。

5000文字も書いてきた結論が、こんな抽象的で役に立たないことで良いのかと我ながら思いますが、結局のところ人に好かれる人間であれに物事は帰結していくのかな。

コメントを残す