MENU
アニメ

アニメ『手品先輩』1話感想…下品先輩が今期のゲロイン枠か

『手品先輩』1話

手品先輩』は週刊ヤングマガジンに連載中の同名漫画が原作。高校に入学した男子生徒が楽ですぐに帰れる部活を探して歩いていると、おかしな先輩のいる奇術部に迷い込んでしまう。

かわいいけどあがり症で、人前で手品を披露するとほぼ失敗する先輩に振り回されながら、助手(姓名不詳)のドタバタ学園ライフが始まる。

『手品先輩』1話あらすじ

種無高校では全生徒が部活動必須。入学してからそのことに気づいた男子生徒は、早く帰れてゲームしても怒られない適当でだらしない文化部を探しながら校内を歩く。そんな彼の前に登場したのは奇術部の看板。中からはゴソゴソという物音と人の声。

ちょっと見学させてもらうかと開けたところ、そこには新入生歓迎マジックの練習をする女生徒がいた。

『手品先輩』1話

コミュ障ぼっちの手品先輩は急な観客の登場に嘔吐。極度の緊張で体調不良に陥りながらも新入部員確保のため、迷い込んだ1年生にマジックを見せようとする。

『手品先輩』1話今期のゲロイン枠

手品先輩は飼い鳩に逃げられ、お札切断マジックでは失敗して本当にお札を切ってしまい、ダメダメなところを見せる。

『手品先輩』1話
お札を切ってしまい身体で弁済する薄い本が出るところまで読めた。

失敗続きの手品先輩は、呆れて帰ろうとする1年生を繋ぎ止めるため、とっておきの縄抜けマジックを披露する。

自分で「かわいい先輩」って言っちゃう手品先輩かわいいよ。「縛り」に反応する助手は男の子のSAGAだから仕方ないね。

予想どおり失敗してパンツ丸出しになりながら転がる手品先輩。基本ギャグだけどオチは毎回お色気。

『手品先輩』1話

箱からの脱出マジックを失敗した手品先輩に助手が「下品すぎる」とツッコんだのが、視聴者より先に言っていくスタイルだった。



『手品先輩』1話を見た感想

基本的には「手品先輩かわいい」と言いながら楽しむ作品です。原作からして先輩のかわいさとノリでノリきる1話完結型のギャグ漫画なので、感想といっても語るほどカッチリしたストーリーが……。

制作陣も冷静に考えさせたらダメだと思ったのか、アニメ版はテンポが速くギュウギュウにネタが詰め込まれてます。

手品先輩の声を聞きながら「堀江由衣っぽいな」と思って検索したんですけど、言ってる人ほとんどいなくて私は悲しいよ。

放送時間が15分枠だし見ようかなとは思うんですが、いまいち他人には勧めづらいアニメですね。

コメントを残す