アニメ

アニメ『手品先輩』2話感想…非貫通先輩はヘタクソ手品ヤンデレおばさん

アニメ『手品先輩』の第2話が放送されました。なし崩し的に放課後は手品先輩と行動を共にすることになってしまった助手君。それで君は本当にいいのか?

1話に引き続き手品先輩の手品は失敗してばかり。しかも友だちがいない“ぼっち先輩”であることも分かり、今回さらに残念な娘度が増しましたね。

『手品先輩』2話を見た感想

手品先輩はコミュ障ぼっちでした

かわいくて巨乳だけど極度のあがり症でコミュ障の手品先輩はクラスでも浮いた存在。助手君が珍しく学食に行くと、そこでは先輩が独り寂しそうにご飯を食べていました。

 『手品先輩』2話

予想どおりといえば予想どおりな孤立の仕方をしている先輩を見て、見なければよかったと後悔する助手君ですが、彼の姿を見つけた手品先輩は嬉しそう。

 『手品先輩』2話

こんな顔されてしまったら無視するわけにもいかないですね。その後ふたりはスプーン曲げに挑戦。食堂の備品で遊ぶなと思いながら見てると、やはり助手君が成功して先輩は失敗する流れ。

先輩は手品への情熱あるし知識も豊富だし、挑戦しようって意欲も高いんだけど、悲しいかな才能が絶望的に備わってないんですよね。

手品先輩と助手君による擦れ違いコント

「非貫通先輩」とかいう酷いサブタイトルがついた話では、コップの底を貫通してコインがコップの中に現れるマジックに挑戦します。手品先輩はコイン貫通マジックの種を自慢げに解説しながら実践!

ところがコインは狙いを外して棚の上に飛んでいきます。コインを飛ばすたびにパンツ見せながら手品先輩は部室を捜索します。あまりにも露骨なパンチラとも呼びないパンモロの連続に、わざと見せつけてるんじゃないかと疑念を抱く助手君

「わざとやってるんですか?」という助手君の質問を、わざと手品を失敗してるんですかという意味に捉えた先輩は、自分のミスを隠すため「わざとよ」と好い笑顔で答えます。

『手品先輩』2話
嬉しくないわけではないけど、ビッチだったら少し残念だなと思春期男子の揺れ動く心情を吐露する助手君に共感してしまう

助手君は「かわいい先輩と知り合いになれて放課後の部室でふたりきり、突発的なエロイベントも起こったりしてラッキー」という10代男子の欲望をストレートに表現しつつ、度を超えたラッキースケベには「下品すぎる」とツッコんだり、手品先輩が自分にわざと見せつけてる疑惑では「ビッチだったら残念」と引いたり、この年代の男の子っぽさがリアルではありますね。



手品先輩の身体には難所がある

ある日の放課後に手品先輩は相棒2号を召喚。今回はベヒモスくんという人形らしい。

手品先輩はマギー一門なんですか?

『手品先輩』2話

手品先輩はマギー審司もびっくりな人形遣いを見せようとしますが上手くいきません。たどたどしくモッサリした動きです。身体を這わせる動きでは胸でベヒモス君がつっかえてしまいます。

手品先輩の身体にはピレネー山脈級の山越えがある。
『手品先輩』2話

助手君の名ツッコミ「難所だなぁ」が生まれた瞬間である。

カード当てマジックに失敗して「ダメでしょベヒモス君。練習どおりにやらなきゃ!」と責任転嫁してる先輩すこ。

『手品先輩』2話

「荷物になるから」と部室に置き去りにされるベヒモス君に哀愁が漂ってました。

ヘタクソ手品おばさん改めマントの露出狂先輩

手品先輩は公園で子供たちにマジックを披露するも失敗。いつもどおりな場面に出くわした助手君は、先輩のアシスタントとして場つなぎで手品を見せることに。

『手品先輩』2話

助手君の意外な器用さに手品先輩は少し焦ってますね。第1話の公園でも助手君が受けてると本気で嫉妬してましたし、手品には本気で向き合ってるんですよね。ただ絶望的に才能がないだけで。

次のマジックを失敗すると「公園にヘタクソ手品おばさんが出る」と噂を流されることになった手品先輩は、小学生たちの前で早着替えに挑戦しようとしますが、服は脱げたけど着替えを持ってこなかったため失敗!

助手君の目隠しがなかったら小学生男子に性の目覚めがきちゃってたよ。

手品先輩はヤンデレ監禁先輩だった

いよいよ部活を決めなければならない期限が迫った日の放課後。手品先輩は部室に助手君を閉じ込めて入部を迫ります。これだけ頻繁に入り浸ってるならとっくに入部してるものと思ってましたが、どうやら単にかわいい先輩と一緒にいたかっただけのようです。

『手品先輩』2話 『手品先輩』2話

白紙の入部届を前に助手君を閉じ込める先輩。セックスしないと出られない部屋ならぬ入部しないと出られない部屋じゃないですか。

ところで、セックスしないと出られない部屋って「どうしても部屋から出たい事情がある」「一方が他方に劣情を催しており、これを機会にセックスしようとする」シチュエーションで物語が成立してる作品多いけど、そうじゃない人間同士の組み合わせならどんなパターンが生み出せるだろう?

それはさておき。うさぎ形の小道具を使ったマジックで「私たちは離れられないのだよ」と手品先輩は宣言しますが、助手君相手に緊張してるのか手汗ひどい。そしてヤンデレフェイス。

『手品先輩』2話

2匹のうさぎは私と助手君。そして子うさぎは、新たな部員が生まれるというメタファー。

『手品先輩』2話

助手君「生まれるのはおかしいでしょ」じゃないよ。手品先輩からの子だくさん宣言だよ。

うさぎの性欲の強さ、みくびんなよ!

だいたい草食系男子みたいな言葉が流行ったせいで誤解されてるけどな、自然界じゃ草食動物のほうがお盛んなんやぞ!

回を重ねるたび蔑称が増えていく先輩すこ。

最後には奇術部が正式な部活じゃなかったことが明かされ、これから先輩と助手君で奇術物を作っていくことになる種明かし。

まとめ

助手君と先輩の通う学校名が「種無高校」なのは、マジックの常套句「種も仕掛けもありません」から取ってると思われるが、どうしても別なほうを連想してしまいますね。

ポンコツかわいい先輩キャラは古今東西いろいろ生み出されてきましたが、手品先輩は上位に入るくらい庇護欲を掻き立ててくるキャラですね。度を超してポンコツにし過ぎると見てるほうがイライラしてきたりもするんですけど、そこまでいかない丁度いいポンコツっぷりが癖になる。

コメントを残す