漫画

『宇崎ちゃんは遊びたい!』ウザくて可愛い後輩はSUGOI DEKAI

宇崎ちゃんは遊びたい

身長は小さいけど(ある部分が)大きい後輩ちゃんに好かれる主人公。まとわりつかれてウザッたいと感じながらも生来の人の良さにより邪険にできません。それをいいことにグイグイくる後輩ちゃん。

周りからは「はよくっつけやバカップル」と思われている2人を中心にした、日常系ラブコメ漫画です。

 『宇崎ちゃんは遊びたい』第1話あらすじ

主人公は大学3年生の桜井真一。目つきが悪くツンツン頭の桜井くんは単独行動を好む一匹狼体質。

宇崎ちゃんは遊びたい1巻

授業も終わったし一人で気ままにブラつくかと今後の予定を考えていましたが、そこへ「せーんぱい!」と駆け寄ってくる女の子が登場します。

彼女こそ本作のヒロインである宇崎花です。

宇崎ちゃんは遊びたい 宇崎花
すごく・・・大きいです・・・

一人になりたがる桜井の後ろを「そうやってすぐぼっちになりたがる」と言いながらついて行く宇崎ちゃん。もともと桜井と花は同じ高校の先輩後輩でした。1年先輩の桜井を追いかけて同じ大学に入学した宇崎ちゃんは、自分の友人とではなく桜井と多くの時間を過ごします。

……出だしからラブコメの波動を感じる。

とにかく桜井に構ってほしい宇崎ちゃんはグイグイ来ます。信号待ちの横断歩道では、ほかの人がいることも気にせず「遊びたい時にだけ遊ぶ都合のいい女扱いッスか!!」と叫び、通行人にピンク色な想像を提供。

能天気パワー型なのか、こうすれば桜井が相手せざるを得ないと分かってやっているのか。もし後者だとしたら宇崎ちゃんは策士だ。

バッティングセンターに向かった桜井と宇崎ちゃん。いい当たりが出ず花に笑われる桜井は、やはり1人で来るべきだったと後悔します。

ひとしきり笑ったあとは宇崎ちゃんの番。意気揚々とバッティングゲージに入りますが、準備運動もせずフルスイングしたため1球で腰が逝きました。

宇崎ちゃんは遊びたい 宇崎花おっぱい
すごく・・・大きいです・・・

自分の身体より桜井と一緒にいる時間を優先する宇崎ちゃん。愛されてますな。桜井には一切それが通じてないけど。

幸い腰は大事に至らず元気になりましたが、翌日また例の横断歩道で通行人の頭をピンク色の空間にしてしまいます。

ウザイ。でも可愛い。そんな宇崎ちゃんに翻弄される主人公をニヤニヤしながら眺めましょう。

『宇崎ちゃんは遊びたい!』の感想と見どころ

 宇崎ちゃんはミニマムなのにSUGOI DEKAI

独特のウザさと八重歯が可愛い宇崎花ですが、彼女の最大の特徴にして魅力は小さい(低身長)のに大きい(胸部が)ことでしょう。

作者が「ショートカット・巨乳・八重歯・「ッス」口調・アホ」という属性てんこ盛りで生み出した、ショートカット元気っ子巨乳大好き人間への最終兵器的なキャラクターです。

その特徴を端的に表した衣装が第2話に登場します。

一人映画はいいものだよ……。

こんな乳を強調したけしからん衣装で登場してはいますが、直接的なタッチには弱く、不可抗力で桜井に揉まれたときは乙女になります。

みんなもVR体験中の人に近づいちゃいけないよ。お兄さんとの約束だ。

桜井の家で遊びたいとか泊まって夜通しゲームしたいとか情緒が小学生並なのかなと思わせる言動ありながら、一方で桜井のことをバリバリ異性として意識しているシーンもあり、普段が天真爛漫で子供っぽい宇崎ちゃんだけにときおり見せるギャップがいい感じに効いてきます。

喫茶店のマスターと娘が読者の代弁者キャラ

桜井と宇崎ちゃんの絡みをニヤニヤしながら眺める『宇崎ちゃんは遊びたい』ですが、読者の代弁者的な立場から作中で彼らの掛け合いを楽しむキャラクターが存在します。

桜井がバイトしている喫茶店のマスターとマスターの娘です。

最初は宇崎ちゃんのことを小学生と言いそうになったマスターでしたが、彼女のπ/捻りを見て大学生と納得します。

一応こだわりの喫茶店を経営する渋いマスターというキャラ設定なんですが、初登場がこれだったため完全に愉快な人のくくりです。

話が進むとマスターの娘・亜実も登場しますが、趣味:視姦人間観察の彼女は最初から残念美人枠。桜井の筋肉を想像してハァハァ言いながら登場しました。

そんな亜実は、桜井のことを語る宇崎ちゃんにラブコメの波動を感じ、良さみを覚えます。

宇崎ちゃんは遊びたい

僅かな会話ですべてを察した亜実。はいはい、なるほどはるほど。

2人にちょっかいかけたいような、周囲が手を出してはいけないような雰囲気。まさに桜井と宇崎ちゃんの絶妙な距離感を言い表してますし、読者も同じ気持ちで見ています。

マスターと亜実が登場する回は本当にハズレがないですね。

宇崎ちゃんはゲーム実況でも遊びたい

この『宇崎ちゃんは遊びたい』なんですが、実はYouTubeにゲーム実況動画が上がっています。桜井の部屋でゲームする作中の雰囲気をCGで再現したものです。バーチャルYouTuberだよ! 宇崎ちゃん。

宇崎ちゃんの声優は大空直美さん、桜井くんの声優は赤羽根健治さんが担当。

宇崎ちゃんのウザイ煽りには、大空さんの過去の出演作から『ガブリールドロップアウト』のサターニャを連想した人もいるようですね。

 『宇崎ちゃんは遊びたい!』と一緒に読みたい漫画

『イジらないで、長瀞さん』

褐色元気っ子後輩にイジられる眼鏡先輩の話。先輩を弄ぶときに見せる長瀞さんの嗜虐心あふれる表情にゾクゾクきますね。

先輩がほかの女の子と話していると不機嫌になったり、海での日焼け止め塗布イベントで「こういうのは恋人同士とかでやりなよ」と言われムカっとしたり、長瀞さんの先輩以外には分かりやすい好意が応援したくなります。

『やんちゃギャルの安城さん』

クラスでも目立たない、ルックスで言えば完全にモブキャラな瀬戸くん。そんな彼を無駄にエロく構ってくる安城さん。反応したらダメだと思っても彼女の接触プレーにドキドキしてしまう瀬戸くんのクソザコ童貞ムーブが面白い。

可愛い女の子に振り回されたい、翻弄されたい願望は古くから男性の中にあるもので、古今東西の古典や名作と呼ばれるエンターテインメント作品には見られます。

振り回される対象は時代によって変化していますが、2010年代なかばから「オタクにも分け隔てなく接してくれるギャルな彼女」が市場で一握りのジャンルと化しました。

アニメ化もされた『はじめてのギャル』然り、この『やんちゃギャルの安城さん』然り。

イジりの匙加減を間違えると読者に不快な思いを残しかねませんが、安城さんのイジりは丁度いいですね。

まとめ

ということで初投稿は『宇崎ちゃんは遊びたい!』でした。

ラブコメ漫画としては直球な作品だと思います。ものすごい謎が隠されていたりとか、読者が驚くどんでん返しが仕掛けられていたりとかするタイプの作品ではなく、複数ヒロインから誰を選ぶのか的な嫁バトルもありません。

とにかく、ひたすら桜井と彼に猛アタックするも気づいてもらえない宇崎ちゃんの姿を少し離れた所から、喫茶店のマスター親子と同じようにニヤニヤ眺めて楽しみましょう。

コメントを残す